お知らせ

お知らせ

平成30年度 清水町地域おこし協力隊の募集について

 北海道十勝平野の西部に位置する清水町は、国道274号線日勝峠と北海道横断自動車道十勝清水ICがあり、札幌など道央圏や新千歳空港を介した道外・海外のお客様を迎える道東の玄関口としての重要な役割を担っています。

 また、日高山脈に抱かれた豊かな大地と清らかな水の恵みを受け、小麦・豆類・てん菜や生乳などの生産が盛んな町で、それらを加工する工場も多く、戦前から続く農産加工の町でもあります。
 町の新たな名物として、地元産の牛肉・鶏卵を使った新・ご当地グルメ「十勝清水牛玉ステーキ丼」(新・ご当地グルメグランプリ北海道2013~2015において3年連続優勝、殿堂入りを果たしています。)や、牛肉加工製品の「牛とろ」フレークを、凍ったままご飯にかけて食べる牛とろ丼(日本最大級のフードフェス「まんパク」にて総合1位を獲得)など、続々と発信されています。
 町民の文化・スポーツ活動も盛んで、町民合唱団による「第九」の合唱も30年に渡って続けられました。また、昭和12年から始まったアイスホッケーは十勝発祥の地であり、優れた指導者のもと、各世代とも様々な大会で優秀な成績を収められています。この度、女子アイスホッケー「スマイルジャパン」のメンバーとして、平昌冬季五輪に2名の方が日本代表として選出されました。
このような恵まれた自然環境の中、地域住民と一緒に魅力あるまちづくりに取り組んでいただける地域おこし協力隊を募集します。

1 募集人数
  地域おこし協力隊 2名

2 活動内容及び活動地域
  地域住民や行政等と連携、協力し、下記の活動を行っていただきます。

 

(1) 観光・移住推進員 1名

 食と観光を生かした観光PRの実施や各種イベントの企画・運営。また、移住相談・移住フェアを通じて、本町に移住を決意させる魅力を情報提供し、本町への移住促進を行う。

・本町及び十勝一円の観光資源や諸情報を提供する情報発信拠点(十勝清水観光情報ステーション)の企画・運営
・観光施設及び催事等での観光物産振興に係る企画・運営
・清水町観光協会の運営等支援、食・物産を振興する団体、事業者との連携支援など
・移住希望者に対する相談業務及び情報発信、並びにイベントの企画・実施
・移住希望者への住居等の紹介や生活関連情報の提供
・移住促進に係る企画・運営及び移住体験住宅の運営管理など


(2) ふるさと応援協力員 1名

 ふるさと納税を通して都市住民に町のPRやふれあい事業の検討・企画を行い、ふるさと納税の推進を図る。
・ふるさと納税に関する事務全般(申込受付、データ管理、文書の作成と発送、特産品の発注等)ふるさと納税者に

 対する町のPRやふれあい事業の検討・実施
・ふるさと納税の推進を図るため、地元事業者との連携により贈呈する特産品の充実を図り、首都圏を中心に全国への

 効果的な情報発信の検討・実施
 《共通活動》
 地域おこしの支援活動(地域イベント・コミュニティ活動、観光振興、物産販売など)

活動地域~北海道上川郡清水町内

 

3 応募資格
 応募資格は、次の要件を満たす方とします。
①平成30年4月1日現在で、20歳以上50歳未満の方
②都市地域(過疎、山村、離島、半島等の法律に定められた地域に該当しない地域)に在住しており、採用後、

清水町内に生活拠点を移し、住民票を異動できる方 

③心身がともに健康で、地域協力活動に意欲と情熱を持ち、かつ、誠実に職務を遂行できる方
④地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
⑤普通自動車免許を持っている方
⑥パソコンの操作(ワープロ・表計算等)ができる方

4 任用形態・任用期間
①清水町臨時職員に関する規則(昭和60年清水町規則第10号)に規定する臨時的任用職員として任用します。
②任用期間は、平成30年4月1日から平成31年3月31日まで。ただし、1年ごとの任用期間で、最長3年まで延長

 します。(最長平成33年3月31日まで)

5 勤務日・勤務時間・休暇
①勤務時間は、休憩時間を除き1日7時間45分、週38時間45分です。ただし、活動業務の都合により、勤務時間を

 超えて勤務をする場合があります。

②勤務時間の割り振りは原則として、ふるさと応援協力員は月曜日から金曜日までの毎日午前8時45分から午後5時

 30分までとし、土曜日及び日曜日の週休日と休日は勤務を要しない日となります。
 ただし、業務の都合により、時間の変動及び週休日や休日に勤務をする場合があります。土日休日勤務が生じた

 場合は代休対応とします。

 観光・移住推進員は勤務を毎日午前8時45分から午後5時30分までとし、1週間につき5日の勤務日と2日の休日を

 指定します。(協力隊の活動内容により、勤務時間等が異なるものがありますので、お問い合わせください。)
なお、いずれの場合も12月31日から翌年1月5日までは勤務を要しない日とします。
③年次有給休暇は、清水町臨時職員に関する規則により取得できます。

6 待遇・福利厚生等
①給与 月額賃金 170,940円
②諸手当 清水町臨時職員に関する規則の規定により支給します。
③社会保険、厚生年金、雇用保険に加入します。
④隊員の住居は、町所有の住宅又は町が借り上げた住宅を提供します。(ただし転居にかかる費用、生活備品、

 光熱水費は個人負担となります。)

⑤隊員の地域協力活動に必要な車輌及び物品等は町所有のものを使用します。
⑥隊員が地域協力活動及び研修のために旅行する場合には、町職員の例に準じて旅費を支給します。

7 募集方法等
① 募集に当たっては、町のホームページに掲載し周知するともに、清水町役場企画課に備え付けの申込書をご利用ください。

  ◆ダウンロード版

   地域おこし協力隊申込書(ふるさと応援協力隊)【PDF:123KB】

   地域おこし協力隊申込書(観光・移住推進員)【PDF:124KB】

② ハローワークや、移住関連情報を発信している媒体などを通じて広く周知します。
③ 応募者は、別紙 清水町地域おこし協力隊申込書(以下「申込書」という。)に各項目を記載し、住民票の抄本、

  普通自動車運転免許証の写し、最終学歴を証明する書類(卒業証書の写しも可とする。)を添付のうえ応募して

  ください。

④申込書は企画課政策企画係に郵送により提出してください。
※ 電話による申し込みは、受け付けいたしません。提出文書類は返却いたしません。
⑤平成30年3月7日(水)必着とします。

8 選考方法等
①一次選考(書類選考)
 書類選考のうえ、平成30年3月9日までに選考結果を応募者全員に文書で通知します。
②二次選考(面接)
 一次選考合格者を対象に、面接を行います。面接日は3月19日を予定し、詳細は別途お知らせします。面接者が面接のために

 必要とする交通費等は、面接者の負担となります。
③最終選考結果は、平成30年3月20日を目途に文書により通知します。

9 応募先・お問い合わせ先
  〒089-0192 北海道上川郡清水町南4条2丁目2番地
  清水町役場企画課 政策企画係(地域おこし協力隊担当)
  電話 0156-62-2114  Fax 0156-62-5116
  メール kikaku2@town.shimizu.hokkaido.jp