お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ一覧
  • 北海道新型コロナウイルス感染症対策本部第30回本部会議における決定事項について
お知らせ

北海道新型コロナウイルス感染症対策本部第30回本部会議における決定事項について

 北海道では、これまでの取組により、新規感染者数が減少傾向にあり、「警戒ステージ」を判断するいくつかの指標においても改善傾向が見られ始めましたが、依然として、道内各地で集団感染(クラスター)が発生しており、医療提供体制のひっ迫の度合いは厳しい状況が続いています。

 さらに、年末年始を迎えるにあたり、多くの医療機関が休診となり、現在以上に医療機関への負担が増加すると、通常の医療等に影響するおそれがあるから、北海道新型コロナウイルス感染症対策本部では、医療崩壊を防ぎ、感染の再拡大を招かないためにも、第30回本部会議において、次の事項を決定しました。

 <決定事項>

  ・「感染拡大防止に向けた施策について」の改訂

  ・「静かな年末年始」に向けた共同メッセージの発表

   (札幌市・北海道市長会・北海道町村会・北海道の4者連名)

  ・「今後のステージ運用」「札幌の感染状況」に関する資料

 また、北海道では、道民や事業者の理解と協力の下、関係者が相互に連携し新型コロナウイルス感染症への的確かつ迅速な対応を図るため、新型コロナウイルス感染症対策に関する基本的事項を規定した「北海道新型コロナウイルス感染症対策要綱」を策定しました。

 <新型コロナウイルス感染症対策要綱>

  ・要綱の概要について

  ・要綱本文

  ・策定に関する参考資料