こんな時、こんな手続き

こんな時、こんな手続き

介護マークカード(名札)配布事業

  • 介護マークとは

高齢者等の介護は、他の人から見ると介護をしていることが理解されづらく、誤解や偏見を持たれる場合があることから、町では、平成26年2月1日から、介護する人、される人を温かく見守ることができるよう、周囲の人に介護中であることを伝える「介護マーク」を交付します。(介護マークカードは縦5.5cm、横9.0cmのサイズで、市販の首からかけるネームホルダーに入るタイプです。「介」の字を、人が人を支えるデザインになっています。)

  • 利用が想定される場面
    ●介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき
    ●公共施設やスーパーなどの人が集まる施設のトイレで付添うとき
    ●男性介護者が女性用の下着を購入するとき
    ●病院で見た目は健康そうなのに2人で診察室に入るときなど
  • 交付対象者
    町内に住所を有する高齢者などの介護者
    町内に所在する介護事業所など
    町内に居住し、介護ボランティアをしている方
    その他町長が認めた場合
  • 交付方法
    役場保健福祉課、御影支所にて介護マークの交付申請書に記入し、申請が必要となります(①印鑑、②個人の場合は、本人確認ができるものを持参)
    申請後、介護マークの趣旨を説明した上で、無料で交付します。
  • その他注意事項
    ・汚れたり、破損した場合には、無料で交換しますので、現在お持ちの介護マークカードをご持参のうえ、再度申請してください。また、紛失した場合は、再交付しますので再申請願います。
    ・介護マークカードを使用しなくなった場合は、町に返却願います。
    ・介護マークの著作権は、静岡県にありますので、デザインの改変は行なわないでください。

【お問い合わせ先】
保健福祉課在宅支援係(地域包括支援センター)電話0156-69-2233