まちの情報

まちの情報

平成29年度第3回御影中学校学校支援委員会

  • 開催結果(要旨)
開催日時 平成30年2月22日(木)午後7時00分~午後9時00分
開催場所 お食事処 ひだまり
委員出席者 米光良一委員、花田祥子委員、奥村広太郎委員
事務局出席者 御影中学校長(寺島康博)
議題・諮問内容
  • 学校評価による課題等ついて委員と意見交換
  • 生徒の姿、親同士の関係性について委員と意見交換
会議結果

次の内容について意見交換がおこなわれました。

  • 教職員の長時間労働に対する対応について
  • 生徒の姿、親同士の関係性について
出された主な意見等

委員  

 教職員の長時間労働、過労死の問題など国の働き方改革でいつも話題に上がっている。教師は子ども一人一人をしっかり見ていき大変な仕事だと思っている。長時間労働が少しでも改善されると良いと思う。
校長

 職員の定時退勤の日を設けて対応しているが、来年度は、さらに部活動のない日をつくるなど改善を図っていきたい。

委員

 子どもたちは元気が一番。御影は少人数なので先生方の目が行き届いている。子どもたちは、あいさつしてくれるし、悪いことをするわけでもない。
校長 

 現状に満足せずに、家庭と連携をとっていじめや不登校の問題の問題について対応していきます。

委員 

 子どもたちは街であってもあいさつしてくれる。たとえ挨拶をしてくれなくても大人が先頭を切ってあいさつすれば意識が高まる。そのように大人が働きかけて見本をみせることが大切だと思っている。親同士がつながりを持てばだいたいの問題は解決する。親同士の仲がよいと子どももついてくる。
校長 

 今後も地域で子どもたちの見守りをお願いします。また、何か気づかれたときには、連絡いただきたい。 

担当課・係 清水町教育委員会学校教育課総務係(電話0156-62-5138)