まちの情報

まちの情報

平成29年度第1回御影小学校学校支援委員会

  • 開催結果(要旨)
開催日時 平成29年6月14日(水)午後7時00分~午後9時00分
開催場所 御影小学校 校長室
委員出席者 小笠原 要委員、水野正樹委員、平原里華委員
事務局出席者 御影小学校長(真下正則)、御影小学校教頭(川崎広輝)
議題・諮問内容
  • 平成29年度学校経営の方針について、校長より説明。

  • 学校支援委員との意見交換。
会議結果

次の内容について意見交換がおこなわれました。

  • 学校経営について
  • 親同士のつながりについて
  • 子どもたちの課題について

出された主な意見等

委員 旭山地区では、町内清掃、7月の地域運動会での踊り等、子ども達が進んで参加している。地域に根ざした教育の表れである。

委員 文化少年団やスケート少年団など、子どもを中心に、地域と学校が共に育てていくことが大切である。

委員 一人っ子の親は不安である。親同士のつながりは子どもへも良い影響を与えるので、親同士でコミュニケーションを取ることが大事である。

委員 子どもへのフォローも大切ではあるが、最近は保護者も若いことが多いので、保護者へフォローしていくことも大切であり、今後の課題である。

委員 子どもたちはゲームのやり過ぎ。集まって遊ぶが、静かになると背を向け合って通信ゲームをしている。やらせないというのは難しいので、危険性を知らせるなど、親の管理体制と学校側からのフォローが必要である。

委員 スマホやゲームなどにより、子どもたちの「活字離れ」が課題である。中学校で実施されている新聞の使った活動を取り入れると良いのではないか。

担当課・係 清水町教育委員会学校教育課総務係(電話0156-62-5138)