まちの情報

まちの情報

御影小学校学校支援委員会(平成30年第2回)

  • 開催結果(要旨)
開催日時

平成30年12月4日(火)午後7時30分~午後8時40分

開催場所 御影小学校校長室
委員出席者

委員 小笠原要  委員 西佳子  委員 大石幸徳 

事務局出席者

御影小学校長(真下正則) 御影中学校教頭(川崎広輝)

傍聴者数 0 人
議題・諮問内容

・校長より学校経営について説明。

・校長より学校における働き方改革について説明。

会議結果

 つぎの内容について意見交換がおこなわれました。

・冬場の歩道の除雪について

・リンクの造成について

・大雪の対策について

・学校における働き方改革について

出された主な意見等

委員 歩道に雪がある状態である。家の屋根の雪が歩道に落ちる実態がある。そのような中、児童の登校に支障が出てくるのではないか。

委員 毎年、除雪の問題は話題に上がるが改善されているか。

委員 通学路になっていない歩道は、除雪車による雪置き場となっている現状がある。

学校 学校としては、教職員が通学路の状態を目視で確認を行い、除雪できていない場合は町教育委員会にお願いしている。

通学路の除雪の状態は年々改善されてきている。昨年度は小型除雪機を使用した除雪をしていただき、細かな場所にも対応できるようになってきている。

児童には、歩道を歩くよう指導していることもあり、継続して歩道の除雪を町にお願いしていきたい。

委員 リンクの造成について、今年も400Mリンクを造成していくようだが、今年は暖かいので400Mを主に造るか、小さくても授業で使用できるものを造るかの判断が必要となってくる。

委員 少年団、学校での授業等の係わりがあるが、気候との調整が必要である。

委員 先生方が、リンク作業を行うことは、働き方改革と逆行しているのではないか。今後、リンク造成についても見直していく時期が来るかもしれない。

学校 造成会に造っていただき使用させていただいているので、判断は造成会に一任している。

担当課・係

学校教育課総務係(電話0156-62-5138