まちの情報

まちの情報

清水町使用料等審議会

  • 開催結果(要旨)
開催日時 平成30年8月24日(金)午前10時00分~午前10時46分
開催場所 清水町役場 2階 庁議室
委員の出欠

(出席委員5名) 梶竹征会長、横山美津子委員、藤井宏委員、八木裕子委員、
        伊藤広喜委員
(欠席委員3名) 大月真由美委員、大橋亜砂子委員、近藤裕樹委員

町出席者

町 長 阿部一男
説明員 子育て支援課長(逢坂 登)、同課長補佐(安ケ平宗重)
    町民生活課長(高金信昭)、同課長補佐(大尾 智)
事務局 総務課長(田本尚彦)、同課長補佐(藤田哲也)、同財政係長(佐藤弘基)、

    同財政係主任(下保朋子)

傍聴者数

なし

議題・諮問内容

会長の互選及び会長代理の指定について
諮問 (1)教育・保育施設入所児童保護者負担金の新設
   (2)一般廃棄物処理手数料の改正

会議結果

会長に梶竹征委員を選任し、会長代理に藤井宏委員が指名された。
諮問のとおり承認された。

出された主な意見等

(1)教育・保育施設入所児童保護者負担金の新設について
委  員~御影保育所を認定こども園に移行する理由は。
子育て支援課長~御影地区には幼稚園がないため、働いていない保護者のお子さん(3歳以上)も預かれるよう認定こども園に移行していきたいと考えています。

(2)一般廃棄物処理手数料の改正
委  員~事業系以外の家庭ごみについては従前どおりの処理方法ですか。
町民生活課長~現在、資源とならないプラスチックごみは燃やせるごみですが、くりりんセンターに搬入する場合は、燃やせないごみとなるため、今後、町民に周知していきます。
町民生活課長補佐~資源ごみの処理については、広域化せず、平成31年度から清掃センターをリサイクルセンターに改修して本町で処理する予定です。

委 員~くりりんセンターへごみを搬入する経費は、各町と比べて差はありますか。
町民生活課長補佐~清水町は、ごみを一旦町で受け入れ、くりりんセンターに搬入する中継方式をとります。中継方式は他町では実施しておらず、くりりんセンターに搬入する経費170円に現行の処理経費120円を上乗せして、料金を290円(10kg当たり)とします。なお、大量のごみを排出する事業者については、直接くりりんセンターへ搬入していただきます。

委  員~事業者への周知について実施予定は。
町民生活課長~8月末に御影地区と清水地区で事業者へ説明会を開催します。

会議経過 別紙会議録のとおり(役場1階ロビーまちづくり情報コーナーでご覧になれます。)
担当課・係 総務課課財政係(電話0156-62-2111)