歴史
町名の由来

「清水」はアイヌ語で「明るく清らかな川」を意味する「ペケレベツ」を意訳したものです。
明治32年に開設した「ペケレベツ駅逓」の取扱人である村山和十郎が、人舞村、屈足村を直轄していました。しかし、駅名と一致せず行政・経済面で不便なため、昭和2年9月25日に清水村と改め、昭和11年1月1日より町制が施行され「清水町」となりました。

年表
年号 西暦 主な出来事 年数
安政 1858 松浦武四郎が、蝦夷地山川地理取調べの途次、ニトマフ(現清水町人舞)に泊まり清水アイヌと交歓する
明治 31 1898 新一万円札の2024年刷新図柄選定の渋沢栄一翁が創設した、十勝開墾合資会社熊牛農場に、越前地方より26戸99人が入植
上芽室原野・ペケレベツ原野に讃岐団体の6戸が入地
33 1900

塩野谷辰三氏が上羽帯原野の貸付を受け塩野谷牧場を開く、

明治34年に乳牛等を飼育(町の酪農発祥地とされる)

34 1901

ペケレベツ駅逓を清水駅逓と改称、清水の語源となる

熊牛簡易教育所(後の熊牛小)開設(平成17年閉校)
十勝開墾合資会社熊牛農場に、宮城県大松沢村から20戸入植

35 1902 博約簡易教育所(清水小の前身)開設
36 1903 人舞村外一村戸長役場開庁 開町
37 1904 熊牛簡易教育所松沢組特別教授所(後の松沢小)開設(平成17年閉校)、公立人舞簡易教育所(後の人舞小)開設(平成11年閉校)
39 1906 上芽室簡易教育所羽帯特別教授場(後の羽帯小)開設(昭和53年閉校)
40 1907 旭川と釧路間に中央鉄道「十勝線」開通、清水駅と佐念頃(後の御影)駅の両駅開設
41 1908 十勝開墾合資会社創設者の渋沢栄一男爵が初めて熊牛農場訪問し、3泊滞在する
42 1909 「佐念頃(後の御影)神社」創建
43 1910 清水小下佐幌組特別教授所(後の下佐幌小)開設(平成17年閉校)、公立第二熊牛小教育所(後の北熊牛小)開設(平成16年閉校)
下佐幌に日本育児院付属の福祉施設「北星園」開設(大正12年帯広町へ移転)

大正

1912 渋沢栄一翁寄与の「大勝神社」(熊牛)創建。
1913 上芽室小久山特別教授場(後の旭山小)開設(平成12年閉校)、羽帯小羽帯特別教授所(後の上羽帯小)開設(昭和51年閉校)
1914 熊牛第一小美蔓特別教授所(後の美蔓小)開設(平成16年閉校)   清水市街の大火で五三戸が全焼
4 1915 屈足村と分離し人舞村と称す
5 1916 上芽室小佐念頃特別教育所(後の御影小)開設
1917 「清水神社」造営
1919

佐幌川に水力発電所を開設、清水・佐念頃(後の御影)市街に電気が供給

10 1921 芽室村より分割して御影村開村、清水市街に電話が開通        佐念頃駅を御影駅と改称 20年
11 1922 日本甜菜製糖株式会社清水工場(製糖)操業開始(旧日甜)
失火により清水小学校が全焼
12 1923

人舞村に1級町村制施行

御影村市街に電話が開通

ドイツ人コッホが入地(現下佐幌)し農業指導にあたる
明治製糖株式会社の買収で、日本甜菜製糖清水工場は明治製糖清水工場となる(昭和19年閉鎖し軍需工場に転嫁)

13 1924 十勝開墾会社が明治製糖株式会社に経営を移譲する
14 1925 河西鉄道(株)が下清水~上幌内間、熊牛~南熊牛間、熊牛~北熊牛間を旅客営業運転開始(昭和26年前線廃止)
昭和 2 1927 人舞村を清水村と改称
3 1928 北海道拓殖鉄道(株)線新得~鹿追開通し、熊牛停留所開業(昭和43年全線廃止)
4 1929 清水自動車(株)清水~鹿追間で自動車定期路線開始         
6 1931 十勝自動車合資会社(帯広)清水~帯広間バス運行開始        美蔓の珠玖農場で農地開放期成会結成により農場主と交渉し小作者への農地開放実現
1933 十勝開墾会社熊牛農場で、熊牛農場開放同盟会結成により農場主の明治製糖株式会社等と交渉も難航し、北海道庁の仲介により小作者への農地開放実現
1934 清水駅を鉄道省の要請で十勝清水駅と改称
村立清水実科女学校(清水高等女学校の前身)開校
11 1936 町制施行により清水町となる
12 1937 清水町紋章(町章)制定
19 1944 御影小学校の校舎が全焼する
20 1945 日赤清水診療所(現清水赤十字病院)が開院する
21 1946 日本甜菜製糖株式会社(新日甜)清水工場(製糖断念し馬鈴薯全粒粉化・鋳物生産等)が発足する
22 1947 町立清水中学校、熊牛中学校、御影村立御影中学校発足
23 1948

自治体警察「清水町警察署」開庁

清水町立清水高校開校、御影村立羽帯中学校、同旭山中学校開校

清水農協・熊牛農協・御影農協が発足

24 1949 日本甜菜製糖株式会社清水工場は製糖断念でイースト製造工場へ転換し再開
町立清水高校が北海道立清水高校へ移管
25 1950 熊牛中学校を改組し、熊牛第一中、熊牛第二中を開校
27 1952 開基50周年記念式典、御影村立北海道御影高校開校(昭和36年閉校) 50年
30 1955 上羽帯小学校で完全給食実施(十勝管内初)
31 1956 清水町と御影村が合併                            町の広報誌「広報しみず」を発行
32 1957 竹岸畜産(現プリマハム)工場操業開始
33 1958 上芽室地区境界変更により100戸653人芽室町に編入、清水町公民館落成
34 1959 町境界対応での町議会リコール問題で辞職により、町長・町議会の出直し選挙を実施
清水町文化協会が発足する、清水・御影の体育協会を統合し清水町体育協会が発足する
新清水町建設五カ年計画策定
37 1962 開基60周年記念式典、ホクレン清水製糖工場操業開始        日本甜菜製糖株式会社清水工場に紙筒事業部門新設で紙筒(ペーパーポット)の製造・販売も開始 60年
38 1963 町立清水保育所開設
40 1965

日勝道路(国道274号線)開通

清水町学校給食センター開設し町内小中学校21校で学校給食を実施

41 1966

町制施行30周年記念式典

清水町民憲章制定、清水町振興計画策定
熊牛第一中学校が全焼する

43 1968 清水町旗制定
45 1970 清水町上水道通水開始
46 1971

第1期清水町総合開発計画策定

御影簡易水道通水開始

熊牛公民館開設
熊牛第一中、熊牛第二中を閉校し、統合清水中発足
スクールバス運行開始(昭和50年町有バスとして運行)       西川興三氏(元町長)地域社会・社会教育・文化振興の功績で名誉町民(昭和49年没)
竹田謙二氏(元町議会議長、元御影村長)自治功労としての功績で名誉町民(昭和53年没)

47 1972

開基70周年記念式典

町木(ナナカマド)、町花(スズラン)、町鳥(ウグイス)制定
羽帯中、旭山中を閉校し、新御影中開校

70年
49 1974 町立総合体育館が開館、マルマス清水工場が操業開始
51 1976

御影文化協会が発足

上羽帯小が閉校し、閉校校舎利用で上羽帯少年自然の家を開設

53 1978

青色申告と諸税完納の町宣言制定

日勝スキー場オープン(平成17年2月閉鎖)

町立清水幼稚園開園
熊牛農協が解散し清水農協と合併

みかげ学園の後を受け社会福祉法人清水旭山学園設立

54 1979 全国清水町姉妹縁組締結(平成18年3月で終了、経済・文化交流は継続)                               生本半三郎氏(元清水商工会会頭)民有林の振興による功績で名誉町民(昭和61年没)
55 1980 清水町文化センターオープン、第1回交響曲第九演奏会開催
56 1981 第2期清水町総合開発計画策定
57 1982

開基80周年記念式典

清水町役場新庁舎完成、清水町老人福祉センター完成

80年
58 1983 清水町民水泳プールオープン(平成29年清水小プールに改修)
60 1985 老人健康増進センターオープン、第2回交響曲第九演奏会
61 1986

清水町公共下水道工事完成、下水道供用開始(下水終末処理場稼動)

農村環境改善センターオープン、日勝キャンプ場オープン(平成14年閉鎖)

62 1987 非核平和清水町宣言制定
平成 元年 1989 防災行政無線放送開始
1990

清水町シンボルマーク・町鳥ウグイスをモチーフの「ウッちゃん」選定

第3回交響曲第九演奏会

清水町図書館・郷土史料館オープン、清水町清掃センター完成

3 1991 第3期清水町総合開発計画策定、健康づくり宣言制定
1992

開基90周年記念式典

からくり(カリヨン)時計塔完成、世代間交流センターオープン、御影排水処理場稼動開始、清水町アイスアリーナオープン

90年
5 1993

歓迎の鐘(カリヨン)設置(美蔓パノラマパーク、清水公園)

緊急通報システム設置

6 1994

歓迎の鐘(カリヨン)設置(日勝峠)(現在町内カリヨン機能休止)

御影公園造成

1995

しみず温泉フロイデオープン(平成20年民間へ売却・現在休業中)

第4回交響曲第九演奏会
道東自動車道(十勝清水IC~池田IC間)が開通

9 1997

清水町学校給食センター移転完成

道内初清水高等学校「総合学科」スタート                               矢地広三氏(元町長・元北海道町村会長)7期28年町長としての功績で名誉町民(平成18年没)

10 1998 清水町保健福祉センターオープン
11 1999 財団法人清水町農業振興公社設立(平成24年解散)
12 2000

町情報公開条例施行

第5回交響曲第九演奏会
閉校旭山小の校舎利用し「剣の郷創造館」オープン

13 2001 第4期清水町総合計画策定
14 2002 開町100年記念式典、記念行事施行(寄贈のエゾヤマザクラ200本以上の苗木を上清水旧国道沿い植樹など)                  ハーモニープラザオープン                         町財政破綻回避に向け、役場庁内に行財政推進本部設置で人件費見直しや事務事業見直しなど実施(H14~H16)
町地域新エネルギービジョン策定
100年
15 2003 ごみ収集を有料化
16 2004 小学校統廃合で町内小学校は清水小・御影小の2校となる
構造改革特区の認定を受け、清水小学校1、2年生を対象に少人数学級スタート
日本甜菜製糖株式会社清水工場の名称が清水バイオ事業所・紙筒事業部と変更され、健康補助剤(サプリメント)のツイントース(ファンケル)の原料製造と販売も開始
17 2005 町財政破綻回避に更なる改革が必要で、緊急対策で行財政健全化実行プラン(H17~H26の10カ年)策定で、第1次緊急3か年計画策定による人件費削減・事務事業削減などの緊急政策を実施(H17~H19)
清水町史「100年史」完成・販売
閉校北熊牛小の校舎利用し「きたくま文化蔵」オープン
第6回交響曲第九演奏会
18 2006 清水町まちづくり基本条例施行、御影診療所の経営を民間法人に移管
旧熊牛小に構造改革特区の認定を受けた北海道芸術高等学校開校(平成27年3月で閉校し仁木町に移転)
しみず「教育の四季」宣言
19 2007 清水町議会議員の定数18を5減の13人で選挙実施
「大相撲十勝清水場所」開催
20 2008 財政基盤の確立に更なる改革が必要で、行財政健全化実行プランの第2次緊急3か年計画策定による人件費削減・事務事業削減などの緊急政策を実施(H20~H22)
清水町議会本会議のインターネット生中継開始
町内で野生アライグマ初捕獲(被害等で捕獲実施し、令和元年度からは年200頭以上を捕獲)
21 2009 シーニックバイウエイに清水町ほか西北十勝6町の「十勝平野・山麓ルート」が指定
北海道バイオエタノール(株)十勝清水工場操業開始(平成27年3月操業停止・工場廃止)
19戸がにんにく作付け実施、試験栽培開始、令和元年にんにく産地化宣言(R3~17戸約20ha)
清水市街地で「コミュニティバス」試験運行開始(平成23年本格運行)
22 2010

町内の景勝地PRとして清水の景勝地「4景+1(日勝峠展望台、パークゴルフ場〔清水公園〕、美蔓パノラマパーク、円山展望台)+(十勝千年の森)」を選定

NPO法人清水町アイスホッケー協会が地域づくり総務大臣表彰受賞
第7回交響曲第九演奏会

23 2011 清水町まちづくり計画(第5期清水町総合計画H23~R2)策定
道東自動車道・十勝清水~札幌まで直結開通
町広報紙とお知らせ版を清水町ホームページに掲載開始
24 2012

開町110年記念式典、記念行事施行、北海道ガーデンショー開催
「清水町石山地区」を事前届必要の水資源保全地域として指定
第1回十勝若牛アスパラまつり開催

110年
25 2013 十勝清水牛玉ステーキ丼が新ご当地グルメグランプリ北海道でグランプリ受賞
27 2015 十勝清水牛玉ステーキ丼が新ご当地グルメグランプリ北海道で三連覇達成(殿堂入りを果たす)
清水町食育推進計画(地産地消促進計画)を策定
雪印清水工場跡地に新清水消防庁舎完成
28 2016 消防署が十勝管内全域管轄広域化「とかち広域消防局」スタート    台風4回襲来の大雨でペケレベツ川・小林川・芽室川・久山川などの河川氾濫でJR橋脚流失や国道38号橋脚の破壊などと、274号日勝峠では道路崩落や消失など甚大被害で通行不能、町内各所で交通寸断、農地等に甚大被害 2名が行方不明(JR石勝線4カ月不通、日勝峠1年2カ月通行止)
29 2017 清水小学校プールオープン
30 2018

第8回交響曲第九演奏会

羽帯駅廃止・さよならイベント開催
「十勝清水肉・丼まつり」初開催
9月6日午前3時8分頃胆振管内厚真町震度7地震で、北海道内「大規模停電(ブラックアウト)」、清水町も震度4、最長で8日の午後まで停電 乳業工場操業停電停止により生乳廃棄が発生

令和 元年 2019

酪農発祥120年記念シンポジウム開催、御影保育所が「保育所型認定こども園」に移行
清水町内でもロケ実施のNHK連続テレビ小説、広瀬すず主演「なつぞら」放送開始
「十勝清水にんにく肉まつり」初開催

2020

第一保育所・第二保育所が統合し、「しみず保育所(愛称:ぽっけ)」が開所
防災行政無線をデジタル無線に完全移行

新型コロナウイルス感染症の影響でイベントが相次いで延期・代替や中止

2021

清水町まちづくり計画(第6期清水町総合計画R3~R12)策定
渋沢栄一翁の功績を描くNHK大河ドラマ、吉沢亮主演「青天を衝け」放送開始
清水高等学校間口1学級減で3学級に減少
「ミライに繋ぐ"ゼロカーボンとかち清水"宣言」表明

新型コロナウイルス感染症変異株の影響でイベントが相次いで延期・代替や中止