清水町における新型コロナウイルス感染症の対応について

厚労省感染拡大防止啓発.png

厚生労働省

新型コロナウイルス特設ページ(外部リンク)

新型コロナウイルスワクチン(ロゴ).jpg

北海道対策本部会議(ロゴ).jpg

支援・相談の情報
ご自身や身近な人が新型コロナウイルスに感染したときの対応について

 新型コロナウイルス感染症の急拡大を踏まえ、重症化リスクが高い患者の方を迅速かつ的確に必要な医療につなげるため、北海道では、保健所が行ってきた濃厚接触者の調査の対象を原則、同居家族や医療機関、介護施設等に重点化し、その他の対象者、職場については、自主的な外出自粛や健康観察をお願いすることとなりました。

 町民の皆様には、以下についてご協力をお願いいたします。

 なお、すでに体調不良を訴えている方や緊急性が高い方については、かかりつけ医または「北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター」(0120-501-507)へご連絡をお願いします。

 また、このページについては、北海道のページを抜粋し掲載していますので、詳細については北海道のページをご確認ください。

自分が陽性者になったら

1.職場や学校などに連絡をしてください。

2.発症の前後に会った方(感染の可能性がある方)に連絡をお願いします。
※ 感染の可能性がある方の判断については、北海道が作成した以下の資料を参考にしてください。

  (リーフレット)陽性となった皆様にお願いしたいこと_陽性になった方の対応の流れ.jpg 

陽性者から「感染の可能性がある」と連絡を受けたら

1.陽性者と最後に接触した日の翌日から7日間(8日目解除)の自宅待機(外出自粛)をお願いします。

2.10日間を経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策をお願いします。
※ 詳細は、北海道が作成した以下の資料を参考にしてください。 

  (リーフレット)「知人が陽性」その時どうする_新型コロナウイルス感染症への備え.jpg

  健康セルフチェック票.jpg

陽性者から連絡を受けた職場や学校など事業所の対応

 職場等で陽性者と接触した「感染の可能性のある方」を選定の上、「感染の可能性のある方」に対し、次の対応を求めるようお願いします。

・陽性者と最後に接触した日の翌日から7日間(8日目解除)の自宅待機(外出自粛)をすること。

・10日間を経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等の感染対策をすること。

用語説明と全体の流れ

 事業所や学校等による疫学調査で使用する用語の説明と全体の流れを記載しています。調査を始める前にあらかじめご確認ください。

※ 事業所別の対応は、北海道が作成した以下の資料をご確認ください。

◆事業所用

◆保育園・幼稚園用

◆学校用

◆放課後児童クラブ用

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症の広がりにより、全国的に誤解や偏見による、感染者や医療関係者、その家族や職場などへの誹謗中傷などが増加しています。

新型コロナウイルス感染症は、誰にでも感染リスクがあり、差別や偏見、いじめなど、心ない行動は許されることではありません。

人権侵害につながることのないよう、国や自治体が提供している正しい情報に基づき、冷静な行動をお願いいたします。


021214jinnkennhogo1(pink).jpg
この画像はクリックで拡大できますポスター
関連のある外部サイトリンク
相談・受診の目安について

北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センターや医療機関への相談や受診の目安については下記の内容を参考願います。

共通事項
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    ※高齢者・糖尿病・心不全・呼吸器疾患などの基礎疾患がある方や、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤を用いている方
  • 上記以外で比較的軽い風邪の症状が長期的に続いている方
    症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合は、すぐにご相談ください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です
妊婦の方へ

念のため、重症化しやすい方と同様に、お早めにご相談ください。

お子様がいる方へ

小児については、小児科医による診察が望ましいため、かかりつけ小児科医院にご相談ください。

かかりつけ医が決まっていない・わからない場合は「北海道新型コロナウイルス感染症 健康相談センター」へご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口について

ご自身やご家族の中で、気になる症状がみられる場合は、下記の相談先へ電話等でご相談ください。

  1. ご自身やご家族のかかりつけ医
  2. 最寄の医療機関
  3. 北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター
    電話:0120-501-507(フリーダイヤル、24時間相談受付)

※上記①及び②を受診される場合は、事前に電話でご相談願います。

※上記③は、「かかりつけ医がいない又は休診等で受診できない」「新型コロナウイルス感染症について相談したい、知りたい」場合もご利用ください。

通常の社会生活への復帰は?

感染者が他の人へ感染させうる期間は発症2日前から発症後7~10日間程度とされています。また入院し、療養後に退院される方は国が定める次の退院基準を満たして退院しているため、過剰に反応せず、お互いに感染予防に十分注意してお過ごしください。

国が定める退院基準
  1. 発症日から10日間が経過し、症状が改善・回復してから72時間経過していること
  2. 検査を複数回実施した結果、陰性であること
清水町職員による新型コロナウイルス集団感染事例(クラスター)について
町長からみなさまへのお詫びについて

画像をクリックすると拡大されます

町長から
清水町職員感染患者数及び対応経過について

画像をクリックすると拡大されます

清水町職員による新型コロナウイルス集団感染事例(クラスター)について
清水町消防職員による新型コロナウイルス感染症について
清水町役場における集団感染に係る内部検証について
町内施設・イベントの情報
休館・休業・営業時間短縮している施設

休館・休業等をしている施設はありませんので、各施設において感染対策を講じながらご利用ください。

イベント情報

まん延防止等重点措置に該当する期間の町内イベントにつきましては、主催者へ直接ご確認ください。

予防・対策の情報
コロナ禍での町内会・農事組合・自治会の活動について

町内会・農事組合・自治会のイベントや会議など、感染拡大防止の観点から地域の活動をどのように行うか判断に迷われている役員の方も多いと思います。

町内会等の活動は、災害時だけでなく、平常時での子どもたちや高齢者の見守り、清掃等の美化活動、軽スポーツや親睦行事など地域のつながり強める重要な活動です。

町内会・農事組合・自治会の活動について、活動方針を作成しましたので、下記から開催の判断や実施方法について参考にしてください。

清水町の火葬対応について

新型コロナウイルス感染症に罹患して亡くなられた方の火葬対応について

清水町役場の対応について

新型コロナウイルスへの感染防止を図り、行政サービスの停滞を招かず町民の皆様が安心して来庁できるよう次の取り組みを徹底します。 

  • 職員のマスク着用の更なる徹底と健康観察による体調管理を実施します
  • カウンターなど町民の皆様と接する場所の定期的な消毒を継続します
  • 町民の皆様と窓口で対応する場合は、アクリル板を挟んでの対応、もしくはフェイスシールドを着用しての対応とします
  • 職員間の対面による飛沫感染防止を強化するため執務用机の間に仕切りを設けます
  • 庁舎内の湿度管理と定期的な換気を実施します
新しい生活様式の実践例について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、長期的に「新しい生活様式」を導入していく必要があります。

新北海道スタイルについて

国が示した「新しい生活様式」の北海道内での実践に向けて、取り組む内容です。

クリックすると拡大します。

道民の皆様へ 事業者の皆様へ
十勝総合振興局からの注意喚起について

十勝総合振興局では十勝管内の感染者が増加していることから、管内の住民のみなさまへ以下のとおりご協力をお願いしています。

11月7日 【手洗いの徹底】【マスクの着用】【3密の回避】などの一層強化
11月17日 【札幌市との不要不急の往来を控える】【飲食場面でのリスク回避の徹底】
12月11日 【年末年始のリスク回避の取組徹底】【外出自粛等の強い取組】
12月24日 【静かな年末年始】に向けた共同メッセージ
1月8日 緊急事態宣言対象地域への不要不急の往来自粛
1月15日 緊急事態宣言の延長
1月29日 緊急事態宣言地域(小樽市)の追加
2月16日 集中対策期間の延長
3月8日 感染を防ぐ行動の徹底・定着
3月29日 札幌市への不要不急の往来自粛
4月5日 「まん延防止等重点措置」実施区域への不要不急の往来自粛
4月12日 「まん延防止等重点措置」実施区域の追加(東京、京都、沖縄)
4月16日

札幌市への不要不急の往来を控える協力要請期間の延長及びゴールデンウィークにおける感染防止行動の実践等

4月27日 札幌市におけるゴールデンウィーク特別対策
5月8日

「札幌市医療非常事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」を踏まえた感染再拡大防止の取り組みについて

5月16日 北海道が緊急事態宣言の対象とされました
5月31日 緊急事態宣言が延長されました
6月18日 まん延防止等重点措置の実施
7月12日 夏の再拡大防止特別対策
7月20日 独自の対策強化
7月31日 まん延防止等重点措置の適用
8月13日 感染防止行動の実践
8月18日 まん延防止等重点措置区域の拡大
8月26日 緊急事態措置期間(8月27日~9月12日)の要請
9月13日 緊急事態措置期間の延長(~9月30日)
9月30日 「秋の再拡大防止特別対策」の実施
11月30日 冬の感染拡大防止に向けて(12月1日~)

12月24日

冬の感染拡大防止に向けて(12月24日~)

1月6日

冬の感染拡大防止に向けて(1月6日~)

1月11日

冬の感染拡大防止に向けて(1月11日~)

1月21日

新型コロナウイルス感染症に係る緊急メッセージ

1月26日

まん延防止等重点措置期間(1月27日~2月20日)の要請

2月18日

まん延防止等重点措置期間の延長

3月4日

まん延防止等重点措置期間の再延長

3月23日

まん延防止等重点措置の解除

4月19日

春の感染拡大防止に向けて(4月18日)

4月25日

新型コロナウイルス感染症に係る緊急メッセージ(4月21日)

4月28日

ゴールデンウイークにおける3つの行動のお願い

5月30日

感染拡大防止に向けたお願い

下記画像をクリックすると十勝総合振興局からの通知が表示されます

ポスター1 ポスター2
北海道コロナ通知システムについて

「北海道コロナ通知システム」は、不特定多数の方が利用する施設やイベント等において、新型コロナウイルスの感染拡大を防止することを目的とした北海道の取り組みです。

多くの人が出入りする施設やイベント等で新型コロナウイルスの感染者が発生した際に、当該施設やイベントの利用者・参加者にメールで知らせる仕組みで、次のような流れで運用されます。

  1. 主催者・事業者等は、施設やイベント会場の入口や飲食店のテーブル等にQRコードを掲出します
  2. 利用者は、訪れた施設(会場)でQRコードをスマートフォンで読み取り、メールアドレスを登録します
  3. 同じ日に訪れた人から感染者が出た場合に、北海道から通知が届きます

なお、通知メールには、いつどの施設で感染者が出たのかは記載されません。
また、 道では、事業者等にQRコードを作成するように呼びかけています。

北海道コロナ通知システム1 北海道コロナ通知システム2
厚労省 新型コロナウイルス接触確認アプリについて

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス感染症接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact-Confirming Application)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、感染拡大を防止しましょう。

画像クリックで拡大します

厚労省 新型コロナウイルス接触確認アプリ1 厚労省 新型コロナウイルス接触確認アプリ2

この情報に関するお問い合わせ先
総務課 電話番号:0156-62-2111